BLOG

クローゼットリフォームにおける注意点について

2021/06/01

衣類や布団の収納に欠かせないクローゼットですが、上手く活用できていない方も多いのではないでしょうか?
クローゼットを有効活用することで部屋をスッキリ見せることができるので、使いやすいクローゼットにするためにリフォームを検討している方もいると思います。
しかし、どのようなリフォームが必要か把握できていないと失敗に終わってしまう可能性があります。
そこで今回は、クローゼットリフォームにおける注意点について解説していきます。

▼湿気対策をする
クローゼットの中は空気がこもって湿度が高くなりやすく、湿気はカビの原因になるのでクローゼットの湿気対策は必須です。
湿気対策としておすすめなのが、「エコカラット」です。エコカラットをクローゼット内に貼ることで湿度の調節が可能になり、カビが発生しにくくなります。
また、シックハウス症候群の原因となるVOCや臭いを吸着する効果もあるので、安心して衣類を収納することができます。

▼扉の種類
クローゼットの扉には、開き戸、引き戸、折れ戸などさまざまな種類があり、扉の種類によって使い勝手が変わります。
たとえば開き戸は、物を出し入れしやすいのが特徴ですが、扉を開けるためのスペースが必要になるので無駄なスペースができてしまいます。
一方、引き戸は扉を横にスライドさせるので、クローゼットの周りにスペースがなくても問題ありません。
開き戸と引き戸の中間が折れ戸です。開き戸より開閉スペースは小さいですが、他の種類より故障しやすいというデメリットがあります。

▼まとめ
クローゼットの使い勝手を良くすることで、部屋がスッキリして有効に活用することができます。
クローゼットリフォームをお考えの方は、ぜひ弊社にご相談ください。