BLOG

外壁材の種類にはどのようなものがあるの?

2022/01/07

外壁をリフォームしたいと考えているなら、まずは外壁材を選ばなくてはなりません。
しかし「外壁のことはまったく分からないので選びづらい」という方も多いですよね。
そこで外壁材の種類と特徴について、簡単に紹介しますので、選ぶ時の参考にしてみてください。

▼外壁材の種類と特徴について
外壁材は、大きく分けて7種類となっています。
・窯業系サイディング…セメント質と繊維質などを板状に形成したもので、色や模様が多数ある
・金属系サイディング…金属を成形したもので、金属の種類によりコストが変わる
・樹脂系サイディング…塩化ビニル樹脂を形成したもので、寒さや雨などに強い
・木質系サイディング…無垢の木材を使ったもので、断熱性が高い
・モルタル…砂とセメントと水を混ぜ合わせた材料で、防火性もありデザインの自由度が高い
・タイル…粘土などを板状にして焼き固めたもので、耐久性に優れている
・ALC…アルミニウム粉末などを高温高圧で加工したもので、断熱性や耐火性に優れている
特徴や予算などを踏まえ、どの外壁材がいいのかを検討してみましょう。

▼まとめ
「実際に見てみないとどんなものか分からない」と感じる方もいるに違いありません。
そこで新築時やリフォーム時には業者に相談し、実物を見ながら決めるのもおすすめです。
静岡でリフォームをご検討中でしたら、伊豆の国市の「株式会社高梨建築」までご相談ください。
リフォームや新築工事、メンテナンスなど多数の実績がありますので、安心してお任せいただけます。